歌詞 いつまでも変わらぬ愛を。 織田哲郎「いつまでも変わらぬ愛は」亡くなった兄に書かれた曲だった

織田哲郎「いつまでも変わらぬ愛を(21st century ver.)」の楽曲ページ|22019399|レコチョク

歌詞 いつまでも変わらぬ愛を

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

織田哲郎 いつまでも変わらぬ愛を 歌詞

歌詞 いつまでも変わらぬ愛を

私のブログにお越しいただいてありがとうございます。 新型コロナウイルスによってお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、日々新型コロナウイルスと戦っている医療関係など、私たちの命と生活を守るために働いてくださっている関係者の方々に、心からの敬意と感謝いたします。 どうか、みなさまとご家族、関係者の方がご健康であっていただければと思っております。 1日でも早く流行が終息の方向に向かうことを願っております。 あの大塚製薬「ポカリスエット」CMソングに使われ、織田さんにとって唯一のオリコン1位となった曲です。 一般的にラブソングとして捉えられる曲ですが、実際は有名な話ですが4歳年上のお兄さんに向けて作られたものです。 織田さん自身、「聴いた人の捉え方次第。 ラブソングとして捉えた人はそれでいいし、メッセージソングとして捉えた人はそれでいい」とインタビューで答えています。 中学時代のお兄さん成績優秀な優等生で、織田さんにとっては憧れの存在だったそうです。 しかし、受験戦争の精神的重圧から引きこもりになってしまい病院に通院。 服用していた飲んでいた薬の副作用による心臓発作で、29歳で亡くなったお兄さんへ綴った歌なのです。 このYouTubeの動画は、2018年9月21日の中国・武漢市漢秀劇場(The Han Show Theatre)のでライブです。 このとき、織田さんにとって初めての中国ライブだったそうで、元;WANSの上杉昇さんと一緒に「世界が終わるまでは」を演奏すると、観客席では日本語で大合唱が始まったっとのことです。 織田さん自身、「自分の作った音楽が国境を越えて、言語を越えて、愛されていると感じさせてくれた」と感動的な瞬間だったとコメントしています。 もちろん、自分の身近な人だけではなく、世界中の人に対してもです。 そうなれば私たちはきっと幸せになれると思います。 この楽曲は、私には「他人を大切にしよう」と思わせてくれます。 他人に対して、自分ができることは何かを考えさせてくれます。 新しい1週間は、そんな気持ちで始めたいです。 そして、また、明日、ここで、お会いしましょう。 おはようございます。 織田哲郎さんはよく歌い・・もといよく聴きました。 「いつまでも変わらぬ愛を」は勿論のこと「負けないで」「揺れる想い」「このまま君だけを奪い去りたい」「世界中の誰よりきっと」等々ですが何といっても「おどるポンポコリン」もですね~ この頃は歌詞に魅せられたこともありましたけど織田さんの曲も心に染み入ってきました。 ただ、この曲がお兄様へ向けた歌だとは知りませんでした。 世界中の人には無理かもしれませんが身近な人を大切にしようと心掛けたいと思いつつ、今週も一週間頑張りすぎずに顔晴ります! 自分にできる事を徹底して行い、免疫力向上と感染拡大防止に努めます。 ここにお越しの皆様もどうかお気をつけください。

次の

いつまでも変わらぬ愛を/織田哲郎の歌詞

歌詞 いつまでも変わらぬ愛を

子供の頃、彼は両親の仕事の関係で様々な地を転々としていた。 中学時代にはロンドンに住んでいたという。 彼が住んでいた1970年代は、街ではグラムロックが流行していた。 ブームのスターでもあった Tレックスの音楽は織田哲郎の心に響いた。 中学生だった彼はディスコやライブハウスに出入りするようになり、実力のあるバンドを目の当たりにした。 イギリスでの生活は画家を志していた織田哲郎に大きな影響を与えた。 大学へ進学する頃には音楽で生計を立てると誓うようになっていたのだ。 織田哲郎は作曲家としてだけではなく、シンガーソングライターとしても多くの名曲を残している。 1992年に発売されたシングル 「いつまでも変わらぬ愛を」はオリコン1位を獲得している。 同曲は一般的に恋の歌として捉えられているが、実は29歳で亡くなった兄に書かれた歌なのである。 若くして心臓発作で亡くなった兄に対して、織田哲郎はどんな想いを込めたのだろうか。 その音色は、天国にいる兄の叫びのようにも聞こえる。 「小さな週末の冒険」という詞から、リスナーは少年時代の兄弟の関係を思い出す。 本人たちにとってはとても大きな冒険なのだが、大人から見ればそれは仲睦まじい光景にしか見えない。 大人になった織田哲郎の目線から兄弟の冒険を捉えることにより、リスナーの想像力を刺激しているのだ。 その反面、現実を受け入れようと 「いつまでも変わらぬ愛を」持ち続ける。 亡くなった兄は彼の心の中で生きているのだ。 季節と人、移ろいゆくものを 「君に届けてあげたい どんなに季節が過ぎても」と織田哲郎は表現している。 「変わること」は自然の営みであり、悲しいことではない。 織田哲郎はそれを知っている。 同曲は決して湿っぽさを感じさせない。 むしろ爽やかささえ匂わしているのだ。 自殺を考えたことがあるという彼の 「死」への向き合い方が、ここに現れているようだ。 兄の死と対面すれば誰でも感情の起伏が激しくなる。 その感情を優しく柔らかく表現し、 「心からそう思う」という言葉に収斂させている。 織田哲郎がどんな想いを持ち、この曲を作ったのかを想像するのは容易ではない。 兄に対して 「自分ができることは何か」を考え抜いた結果なのかもしれない。 いつまでも変わらぬ愛を持てたなら人は幸福なはずだ。 織田哲郎が兄に送った同曲は、 「大切な人を大切にしよう」と心に誓わせてくれるのである。

次の